オームの法則 × 陰陽五行

オームの法則の英知

皆さん、「オームの法則」を覚えていますか。
ある導体に電圧(V=ポルト)を与えた場合、電流(I=アンペア)が流れます。

この時、「 電流(I) = 電圧(V) ÷ 低抗(R) 」

という公式が成り立ちます。
この公式こそ、電気回路におけるもっとも重要な公式と言われています。
実は、この公式を人間の世界にもあてはめることができます。

「 行動(なし得る仕事) = 志 ÷ 低抗 」
※「オームの法則」をアレンジした図表

さて、どういう意味だかお解りになりますか?
「オームの法則」において「電流」に当たるのが、「行動」。この場合、あなたがなし得る「仕事」といってもいいでしょう。
誰しも大きなビジネスを手掛け、成功を夢見ているはずです。
大きな成功を手に入れるためには、どんな公式が当てはまるのか。見ていきましょう。

まず、「オームの法則」において「電圧」に当てはまるのが、あなたの「志」です。

「志」こそ、大きな仕事を成し遂げるためには、なくてはならないもの。

戦後は、アメリカの占領政策で、「志」と言う言葉は使われなくなり、代わりにもっぱら「夢」という言葉を使うようになりましたが、「志」と「夢」とはまったく違うものです。
例えば、「あなたの夢はなんですか?」と聞かれ、「お金持ちになって、ポルシェに乗る」。
そう答える人はいますが、「あなたの志はなんですか?」と聞かれ、そう答える人はいないはずです。それほど「志」と言う言葉は、崇高な意味が込められているのです。

この「志」の高さが、まさに、大きな仕事を成し得るかどうかのカギを握っています。
一方、「オームの法則」において「抵抗」に当てはまるのが、あなたの心の中に生まれた、「人目を気にする」「過去に囚われる」といったムダな「抵抗」です。
こういった「抵抗」勢力があなた自身の中にいる限り、あなた自身は勿論のこと、まわりの「志」を同じくする仲間ともうまくいきません。

この「抵抗」を一体どうやって排除したらいいか。お解りですか。

優秀な皆様なら、もうお解りでしょう。
みずからの「天命」を知り、高い志を持つことに尽きます。
その助けとなるのが、「リフトアップ・セラピー」です。
「天命」を知り、高い「志」を掲げた瞬間、あなたを取り巻く環境は劇的に変わります。
あなたの崇高な「志」を実現するために、多くの「ヒト、モノ、カネ」があなたの元に集まり、あなたの「志」は、必ず実現するはずです。
高い「志」を掲げ、オーラを放つあなたのまわりには、自然と「ヒト、モノ、カネ」が集まる「磁場」が出来上がります。
では、あなたのまわりに出来た「磁場」をどうやって活用したらいいのでしょう。

そこであなたを助けてくれるのが、古代中国の英知「陰陽五行」の英知です。

陰陽五行の英知
陰陽五行

「陰陽五行」とは、中国の春秋戦国時代頃に生まれた説。その中で「五行思想」の根幹を成すのが「相生」と「相剋」のサイクルです。

相生サイクル

「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず」

木⇒火⇒土⇒金⇒水、そして再び、木へ。5つの要素が循環することによって、万物が生成される「成長のサイクル」。これが、「相生サイクル」です。

※相生サイクルの図

相剋サイクル

「木は土に勝ち、土は水に勝つ、水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝つ」

木⇒土⇒水⇒火⇒金、そして再び、木へ。逆に力を弱める「負のスパイラル」。これが、「相剋サイクル」です。

※相剋サイクルの図

「磁場」を築いたあなたに必要なのは、もちろん「相生のサイクル」。

そうするためにあなたが取るべき道は、まずあなたの邪魔をする「抵抗」勢力を排除すること。ノイズキャンセルを行うことで、真実の内なる声だけを聞き、共鳴し共生するだけで、あなたの「磁場」は「相生のサイクル」に乗って、さらに飛躍を遂げるはずです。

この時注意しなければならないのは、頑張りすぎないこと。
今まであなたは頑張ることで、出来ることを増やしてきたはずです。
しかしよく考えてください。頑張らなければ出来ないと言うことは、やりたくないことを無理にやっていた証拠。「天命」に従っていないことになります。
無理にアドレナリンを出して頑張ると、ムダな「低抗」勢力を生み、負のスパイラルに落ちかねません。
自然体でリラックスして、普通に出来ることをやっていれば、「相生サイクル」の波に乗って、あなたの「磁場」はますます広がって行くはずです。