「田中信二」から「田仲真治」に改名しました!

2018年11月1日付で、

「田中信二」から
「田仲 真治」に改名しました。

「えっ? どうして?」
と思う方もいらっしゃると思いますので、

少し、経緯を説明させていただきますね。

「人生って、ドラマだな」

とつくづく思うのですが、

その時々の、主人公の持つ世界観によって
世界の見え方が違ってきます。

それによって、起きていることはニュートラルであっても
その受け取り方によって、全く違った人生経験になって行きます。

タッチフォーヘルス のメタファー講座の中に
【世界の見え方の成長段階】
というものがあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

木:幼児期・幼年期

→自分がいつも正しい
→無邪気な考え(無知な考え)

幼い頃は、「世界は全て自分中心に回っている」
という美しい誤解の元、純粋なファンタジーの世界で
「思ったことは、なんでも実現する」
と心底信じきっていたりするものです。

夢見る夢子ちゃん状態で目をキラキラさせていると
結構願いは叶っちゃたりするものです。

でも、その陰では、
お父さんがサンタクロースに変装して
プレゼントを枕元に置いてくれてたりするのですが

そうとは知らず、
「自分の願いはなんでも叶って当然」
という所から、ついつい自己中心、ワガママになりがちです。
—————————————–
私も子ども時代は三人兄弟の末っ子で
当時は、周りから「ワガママだ」と言われても、

「こんなに我慢しているんだから自分がワガママなはずはない」
と思っていました。

しかし、今にして思うと、
「全てを自分の思い通りなって当然」という前提の元に、
なかなかそうならないことへの不満を感じていたわけですから
随分、自己中でワガママであり、
親や姉・兄を始め周りの人には苦労をかけたことと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

火:生徒・学生時代

→完全主義
→盲目的
→厳格なギブアンドテイク
→文字通りの解釈

小学校に行き始めた頃から
「いい/悪い」という二元性の世界を学校教育を通して学びます。

ルールやモラルを文字通りに狭義に解釈した完璧主義
は、盲目的で融通が利かずに他者をコントロールしようとして
余計なぶつかり合い生み出しがちです。
体制に迎合するか、反発するか
どちらにしても無駄なエネルギーを消耗して行きます。
—————————————–
この頃は、親への反抗、先生への反抗、社会への反抗を感じながら
高校卒業後、自衛隊に入隊し、命令に対する反発の気持ちを
無理やり押し殺し、無感覚麻痺させ従うことが
成長だと思っていた時期でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

土:思春期後期、成人期初期

→他者の価値観(国、社会、他人)
→複眼的
→他者の視点
→抽象思考

この段階に来ると、自分だけが正しい訳ではなく、
他の人には、その人なりの正しさがあることを知り
他社の視点に立って見ることの大切さに気づき始めます。
—————————————–
この頃に私は、アドラー心理学やキネシオロジーに出会い
「いい/悪い」という二元性から
「適切/不適切」「課題の分離」「共同の課題」
という概念を学び始め
目からウロコが落ちました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

金:成人期中期  子育て期

→責任
→矛盾
→両極性

社会の矛盾、パートナー、家族との関係、子育て などを通して
両極性を経験する中で
ただ反発しているだけでなく
個人としての責任を取ることの大切さ
自己責任で道を切り開いていくこと
を学んで行きます。
—————————————–
私自身も、知識・情報・テクニックは身につけ
人に話したり、セッションをすることで
相手が大きな変化が起きるにも関わらず
自分自身の課題となると、まだまだ未解決のことが多く

その両極性、矛盾などを感じながら
自己責任ということの学びが深まって行きました

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

水:老年期・死

→再統合
→信頼
→全体の利益
→自己超越

人生の最終段階を迎え、これまでの人生経験の全ての
再統合の時期となります。

個人を超えた全体の利益に貢献すること
自己を超越した大いなる存在に
意識を向けるようになって行きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という訳で、
私自身も58歳と8ヶ月となり
気持ちは、まだまだ青年期で
「人生は選択であり、自己責任で切り開いていくもの」
と思って自力で頑張ってきましたが
ここのところ空回りしている感覚がありました。

そんな時に、知人から
「姓名鑑定を受けたら、運気が変わってきたんですよ。
念の為、信二さんの名前も観てもらったのですが
このままだと、晩年運があまりよろしくないみたいですから
鑑定してもらった方がいいと思いますよ」

と教えてもらいました。
やっぱり、身体は老年期を迎えているんですね。

「目に見えない大きなエネルギーの流れに逆らって、
自力で頑張るよりは、
委ねた方が賢いのだな」

と思っていたところなので、早速鑑定してもらいました。
すると思い当たることがいっぱいありました。

鑑定そのものは、今はネット上で無料でできるアプリが
沢山ありますので、興味のある方は調べて観たら良いと思います。

https://enamae.net

しかし、改名となると
まるでルービック・キューブのようなもので
こちらの面の色を揃えたら、別な面がバラバラなったり…
と難しいものです。

 

そんな中で、今回 鑑定をお願いした先生が
「私の持ちうるすべての力をこの姓名に注ぎました」
と太鼓判を押してくれた通り

最高の名前に改名することができました。

人それぞれ凸凹はありますが

無理してタイルのように四角四面になる必要ってないんですね。

自分の凹の部分は、自力で頑張るよりは
それが得意な凸の人に埋めてもらった方が
全然早いし、絶対にうまくいくものですね。

自力で頑張っている間は
自分が今いるステージを横這いしていくだけなんですね。

今回、姓名鑑定をしてもらって良く分かったのは

「この名前の登場人物は、幼少期から始まって、
学生時代、思春期、成人期、老年期
と、どのような人生を送るのか
そのシナリオはほぼ決まっているんだな」

ということです。

だから、もしうまく行ってなかったとしても
罪悪感を感じる必要はないんですね。

むしろ、「ダメ出し」をしているから
「そのステージの撮り直し」ばかりを繰り返してしまい
抜け出せなくなっているとしたらどうですか?

「そうか、これまでの人生は
この名前の主人公の為に書かれたシナリオだったんだ!

もう十分いい演技が取れたよね。

カット! OK!

改名して、新たな人生を生きるだけで
パラレルワールドにシフトできるとしたら
その方が簡単ですよね。

人生のステージをシフトさせる為には、

その人によって
・改名が良いのか
  →必要な場合は私の先生をご紹介させて頂きます
・風水的なことが良いのか
・思考パターンを変えるのか
・過去の感情ストレスを解消するのか
・身体のバランスを整えるのか
・原始反射を解消するのか
・ブランディングするのか
・独自のビジネス・モデルを構築するのか

その他、なんでも必要なことは、
本人の身体に聴けば答えてくれます。

そんなわけで、
ブレイン・アッデートのアイテムがまた増えて
バージョンアップされました。

ある意味で
人生のドン底は、大きな飛躍のチャンス
でもあります。

 

ということで、

3回シリーズで下記のオンライン・セミナーを開催します。
ピント来た方は、是非ご参加ください。

 

逆境をチャンスに変える3つの法則》

第一の法則:逆境をチャンスに変える秘訣は○○だった!
11月2日(金)19:00~21:00
https://resast.jp/events/301970

第二の法則:より豊かになる為に必要なこと
11月4日(日)19:00~21:00
https://resast.jp/events/302017

第三の法則:無条件の愛が人生を充実させる鍵
11月9日(金)19:00~21:00
https://www.reservestock.jp/events/302020

ひょっとすると、あなたの人生の大きな分岐点になるかもしれませんよ!