国際ブレイン・アップデート協会とは

国際ブレイン・アップデート協会は、
日々の生活で活かすことができる「キネシオロジー」をシンプルかつ分かりやすく伝え
普及させている協会です。

理念

一人ひとりの才能や能力を引き出して、自由な発想を育み、
持続可能な社会・環境の実現を創造していく人材を育成する

ビジョン

パソコンをアップデートするように、脳と心をアップデートし、
人とテクノロジーを調和させて響感覚にあふれた社会を実現する

方針

1.関係者全員の最高最善に貢献することを意図する

2.起きていることの原因よりも、そのことを意味するメッセージを受け止める

3.モノの見方・捉え方の当たり前を変容し、思考・行動・感情パターンをアップデートし続ける

4.間髪入れず即行動する

5.どんな結末でも祝福する

国際ブレイン・アップデート協会について

国際ブレイン・アップデート協会は、会長である田仲真治が開発した脳の活性化の促進潜在能力を向上するブレイン・アップデート・メソッドを普及し、人々の心身の健康、意識改革を図り、永続可能な社会、経済、環境に向けた活動の理念のもと2014年4月に設立されました。

ブレイン・アップデート・メソッドを通して、本来の自分の素晴らしさに目覚め、人生のミッションを発見して社会へ貢献するリーダーを育成して行く活動をしています。

「ブレイン・アップデート」は、学問であり、科学であるキネシオロジーを基礎としています。

キネシオロジーとは

1964年、グッド・ハード博士により発表された学問。1973年に、ジョン・F・シー博士がタッチフォー・ヘルスという学問を創って進化・発展してきました。

国際ブレイン・アップデート協会は、キネシオロジーを基礎とし、心理学・人相科学・量子力学・武学・個性認識学など、古今東西の叡智を統合して「ブレイン・アップデート・メソッド」を開発しました。

この「ブレイン・アップデート・メソッド」を活用して、人生のミッションを見つけたなステージにシフトすること、人類の意識変革、よりよい社会・よりよい世界を創って行くことへの貢献を目指しています。

そして、新しい時代の核となる人材を育成していくこと、より大きな社会貢献ができるリーダーを育成することで、精神的にも経済的にも本質的な豊かさを享受でき、個々人が自立して生きて行ける社会を確立して行くことが協会の目的と考えています。

国際ブレイン・アップデート協会会長 田仲真治

1960年生まれ。静岡県浜松市出身。両親との親子関係の葛藤から、教育や心理学に興味を持つ。高校卒業後、陸上自衛隊に4年間勤務し様々な訓練を受ける。その経験を活かし、企業研修の会社にて、野外行動学習のインストラクターとして8年間勤務。とてもエキサイティングな研修で、その場ではやる気になるのだが、しばらくすると元に戻ってしまうことに疑問を持つ。

「どうしたら真の人間変革を起こせるのか」

このことを探求していく過程で、アドラー心理学に出会う。長年抱えていた親子・人間関係の問題に対する答えが、アドラー心理学で体系的に整理されていることに驚く。更にキネシオロジーに出会うことで「人間関係」だけでなく「脳と心と身体の関係」そして「世界との関係」にまで全てがつながっていることに気づく。

古今東西の人間に関する研究をキネシオロジーを軸として探求し、日本の草分けの一人として活動。多くの人々の健康と意識変革に功績したことを認められ、2010年「東久邇宮文化褒賞」を受賞。長年の研究を元に、独自の「ブレイン・アップデート」や「リフトアップセラピー」を開発。

セミナー

2011年京都、2012年スペイン、2013年バリ島で開催されたキネシオロジー世界大会にて、アジア代表としてその成果を発表。世界中から集まった参加者から絶賛され、ベルギーでもセミナーを開催。

フランス・ベルギー・バリ島・台湾・ハワイ・アメリカ、ブラジルからも受講者が来日。ハワイでもセミナーを開催。

YouTube

YouTubeには900以上の動画が公開され、世界中にファンを持つ。チャンネル登録者数は、18,000名を超える。

著書

自分の顔を生きる
国際ブレイン・アップデート協会会長 田仲真治著

  • 出版社:サイゾー
  • 出版日:2014年4月12日
  • 単行本219ページ

ほっぺたを上げるだけで人生が大きく変わる!嘘みたいな本当の話!

人生の設計図、生きるヒント、大金を稼ぐ方法、この本を読めば全て分かる。